マンションとアパートの違いを知ろう

ヴィンテージマンションとは

通常マンションの価格は築年数と共に減衰していき、その価値を失っていきます。
しかし、その法則に逆らって逆に価値をあげていく物件も中には存在します。
それらはヴィンテージマンションと呼ばれ、少しマニアックながらも根強い人気を誇っています。
それはまるでワインセラーの中で熟成されるワインのごとく。
当然ながら、ヴィンテージマンションは普通のマンションではありません。
多くの場合、都心の人気エリアに存在し、敷地面積も非常に広いものばかりです。
デザイン性が高いことも特徴の一つでしょう。
趣のある外観で、エントランスも素晴らしく、ぱっと見ただけで良い物件であることがうかがえます。
それらはもともとの良さに加えて、管理面も重要な要素です。
しっかりと管理され、大切に扱われてきたマンションであるからこそ高い人気を誇ります。
築年数は概ね10年以上のものをヴィンテージマンションと呼びます。
法律上の関係で、建て替えが難しい場所に存在している事も人気の秘密でしょう。
最近では住宅に関する法律も厳しくなり、建築許可がおりない事も多いものです。
しかし、やはり老朽化はどうやっても防ぐ事は不可能なものです。
ヴィンテージマンションの購入の際にはリフォーム費用がかかる事が多くあります。
家屋の補修であったり、配管の交換であったり、意外とバカになりません。
このようなヴィンテージマンションを購入する方々は趣味の要素が強いので、お金に困っていない方が多いようです。
当然ながらヴィンテージマンションを購入するお金で、最新鋭の設備を備えた高級マンションを購入する事は可能です。
ヴィンテージマンションは非常に高価な買い物ですが、価値が上がる事を考えれば買い物として悪くないのかもしれません。
購入して価値が上がれば売却すれば、逆に利益すらでる可能性もあるので投資と言う考え方も通用しそうです。
もしお金に余裕があるのならば、最新の高級マンションも良いですが、こうしたヴィンテージマンションもいかがでしょうか。