マンションとアパートの違いを知ろう

オーナーチェンジとは

投資用のマンションなどで、入居者がいる状態で他人に物件を売却する事をオーナーチェンジといいます。
マンション一棟であれ、一室であれ、一戸建てでも同様で、空き室があっても一部に入居者がいればオーナーチェンジと呼ばれます。
入居者の有無が重要になるので、入居者がいない物件の売買をオーナーチェンジと呼ぶことはありません。
さて、このオーナーチェンジには様々なメリットとデメリットがあります。
オーナーチェンジのメリットとしては、即収入を得られる事が挙げられます。
賃貸借契約は生きたまま受け継がれるので、オーナーチェンジしたその日から賃料を受け取る事が可能です。
通常、中古の物件を入手して売り出す場合は、リフォームや宣伝が必要になり何かと費用がかかります。
オーナーチェンジの物件であれば、取り急ぎそのようなことをする必要も無いので安心できます。
また買い手に限った話になりますが、買取り価格が安いと言う点も見逃せません。
オーナーチェンジの物件と言うのは言い換えてみれば、入居者がいるため制限のかかった物件です。
自由にできない物件と言う点で評価額は一般的には下がります。
人によっては即収入源であり、しかも価格が安いとなればとても魅力的でしょう。
デメリットも当然ながらあります。
まず、入居者のいる物件は内部を原則として閲覧できないと言う点が挙げられます。
人の家なのですから、勝手に入って下見できないのは当然の事ですね。
よって、その物件がどれくらい劣化しているのかと言う点を推測するほかありません。
資料などは閲覧できますから、契約内容、築年数、入居人数などから推測します。
下見をせずに高いお金を支払うのは非常に大きなリスクと言えるでしょう。
オーナーチェンジする場合、意外にも入居者への通知は事後で問題ありません。
管理会社などを利用しているのであれば、通知をする必要がない場合すらあります。
ただし、トラブルのもとになりかねませんので、通知についてはしっかりと書面を作って行うのが良いでしょう。
通常あまり縁が無さそうなオーナーチェンジですが、一応頭の片隅にでも入れておくと何かの役に立つかもしれません。