マンションとアパートの違いを知ろう

ハトの糞

よくバルコニーなどにハトの糞がこびりついている事があります。
マンションにおいてハトの糞は悩ましい問題の一つでしょう。
自分がハトを追い払っても、上の階の人間が無頓着では話になりません。
さて、糞というだけでも嫌なものですが、ハトの糞には実害が多くあります。
ここではハトの糞からくる恐ろしい実害について紹介していきます。
サルモネラ菌。
ハトの糞にはサルモネラ菌が含まれている事があります。
サルモネラ菌と言えば、集団食中毒などでよくテレビで取り沙汰されている恐ろしい菌です。
ハトの糞はこの食中毒に一役買っているのです。
アレルギー。
ハトの糞が乾燥して空気中に舞うと、喘息などのアレルギー症状を引き起こす事があります。
これはハトの糞だけでなく、羽毛などでも同様の症状が出ることがあります。
クリプトコックス症。
ハトの糞に含まれる菌で、乾燥した糞が空気中に舞い、吸引する事で発病します。
軽症の場合は皮膚炎を引き起こし、重症になると死亡するケースすらある恐ろしい症状です。
この菌の恐ろしいところは、乾燥に耐性があり数年以上も菌が死滅しない点にもあります。
オウム病。
ハトの糞に含まれる菌によって感染する病気。
大半のハトはこの病気の菌を持っているので、注意が必要です。
症状は風邪のようなもので、酷い場合には肺炎のような症状に至ります。
ヒストプラズマ症。
肺結核に似た症状を引き起こすと言う、これまた恐ろしい症状。
ハトの糞がカビの胞子に触れて、増殖したものが人に感染した場合に発病します。
温度や、湿度などの条件があるので、危険度はあまり高くないかもしれません。
脳炎。
ハトが持つ病原菌の中で最も恐ろしいものの一つかもしれません。
感染すると、嘔吐や頭痛、高熱を伴い、数日後には意識が無くなり痙攣を引き起こします。
感染した人の中には知能障害、手足の痺れなどの後遺症が残る場合もあります。
ハトの糞は百害あって一利なしです。
放っておくと乾燥して、空気中に飛散するので注意が必要となります。
ハトの糞を見つけたら、すぐに掃除して手洗いを徹底してください。